試合でもミスしない!ボレーの体の向きでレベルアップ!

ボレーの体の向きは、

横に向くのと、向かないのと、

コーチによっていうことが変わります。

 

実はこれ、両方間違いではないと思います。

でも、いつも横を向くわけではないと思います。

逆にいつも横に向かないわけではないとも思います。

じゃあどうするんだ!!

 

今回はそこをじっくり話していきます。

 

まずはプロを見よう!

rfvotouchwim

上の写真は大好きなフェデラー選手です(笑)

 

正面は向いてないけど、

横?ではないような・・・

という感じです(笑)

 

横からの写真も見てみましょう。

 

d9ed2a69

どうですか?

まっすぐ前を見ていないですよね?

 

でも横でもない。

斜め前という感じです。

 

なんか中途半端だな〜という感じです。

でも、実はちゃんと決まっていると思います。

 

実際に向ける方向は・・・

ズバリ!

ラケットにボールが当たる場所。

打点に体の正面を向ける

というのが、理にかなっていると思います。

 

真剣に自分の名前を書く時は、

書く紙に向かって体の正面を向けますよね?

 

逆に、横に向いたままサラッと書き上げるのは、

どこか適当という感じがします。

 

まさしくそれです!

 

ボレーみたいにバウンドさせずに打つのは以外と難しいです。

バウンドすれば、スピードはかなり落ちますが、

ボレーはバウンドしない分、スピードがあまり落ちませんし、

飛んでくるまでの時間も短いからです。

 

その難しいボールを適当に対応して、コントロールできるでしょうか?

上達すればできると思いますが、初心者の方は中々できませんよね?

 

スクールの中級でも、かなり難しいと思います。

もはやコーチクラスの気がします。

 

ということは、

初級の方や、ボレーが苦手な方は、

体の向きをしっかり打点に向けるのが理想だと思います。

 

あくまでも基本の話

あくまで余裕があって、

体勢もしっかりしている時です。

18956198651965 (1)

特にバックハンドは上の写真のように、

体勢がよかったら大丈夫ですが、

 

遠くになると、

かなり崩れてしまいます。

thumburl_xl_1441500861.4008

というより、崩さないと届きませんよね!

 

どのスポーツでもそうですが、

基本と応用は違いますので、

気をつけてください!

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です