テニスボレーが上達したい人は必見!家でも出来る5つのボレー練習法

ストロークと違い、ボレーの練習量は少なめになっています。

しかも、初心者の頃は、ボレーのコントロールもまだまだなので、ボレー対ストロークのようなラリーが中々続きません。

だから、結果的にボレーを打つ機会が少ないので、伸び悩む人は多いです。

 
そんな時にやって欲しいのは自宅練習です。

でも、当然ながら、初心者の人は何をすればいいのかわからないと思います。

今回はそんな人のために、家で出来るテニスボレーの練習法5つをご紹介したいと思います。

 
ボレーはポイント奪取の要となるショットです。

もっと言えば試合の勝敗を左右するショットでもあります。

早く上達してライバルと差をつけましょう!

 

壁タッチ


ボレーの素振りみたいなものです。

手のひらを壁に向けて、足を踏み込んで壁にタッチしましょう。

基本的にボレーはあまり振りません。

手首もある程度固定します。

 
壁タッチの練習の時、腕も手首も固定して壁にタッチしましょう。

この時の腕と手首の感覚を覚えましょう。

 
ラケットを握っていない分無駄に力が入りにくいので、体の負担はほとんどありません。

  • 手首を使いすぎ!
  • ラケット振りすぎ!

この2つをよく言われる人は、しっかり”壁タッチ”であまり動かさない感覚を覚えましょう。

壁があるので振ることは絶対にできません。

それでもブンブン振り回して壁にタッチする人は手が痛いというでしょう。

痛かったらおかしいんですよ?

振りすぎてるってことですからね。

しっかり確認しながら練習しましょう。

 

ボールつき


下に向かってボールをつきます。

これができない人は確実にボレーが下手です(笑)

 
この練習ではラケットの使い方、ラケットワーク・ラケッティングを練習します。

ここで注意して欲しいラケットワークは2つです。

  • ラケットの面の向き
  • ボールがラケットの面に当たった時にラケットの動きも止めているか

この2つになります。

 

ラケットワークについて

”ラケットの面”については、説明がなくてもわかると思います。

真っ直ぐ下に向けないとボールがあっちこっちに飛んで行ってしまいますからね。

 
問題は”ボールがラケットの面に当たった時にラケットの動きも止めているか”ということです。

これはボレーの基本の1つです。

詳しくは下記リンクの記事をご覧ください。

ボレーの基本とは?神谷流3つの基本をご紹介!

2016年8月20日

ボールを下に打つわけですから、ラケットを下に向かって振ります。

ボールつきを上手にするコツは、このラケットの動きを最小限にすることです。

そうすることで、次のボールにも対応ができます。

 
ボールがラケットの面に当たった時にラケットの動きも止めていると、次に対応ができます。

でも、ボールつきができない人の大半が、ボールがラケットの面に当たってからも、まだ下に振ってしまっているんです。

そして、次のボールを打つためにラケットを少し引きますが、もうその時にはボールがラケットの近くまできてしまっているので、間に合わなくなってしまいます。

 

ボールつきは基本の練習になる

ボールつきが出来るということは基本の1つが出来るということです。

下に振っていたラケットを打ちたい方向に同じように振るだけですからね。

 
ただ、気持ちの違いがありますので注意してください。

下に打つ場合はボールを強くしよう!とは思いませんよね?

でも、実際にボレーをするときは「ポイントを決めたい!」と思うので、ボール強くしてしまいます。

 
ボールつきではラケットワークは上達します。

でも、実際のボレーが出来るかどうかは、あなたの心もコントロール出来ないといけません。

冷静にやることをやる。

必殺仕事人のような感じで頑張りましょう(笑)

 

コップでボールキャッチ


コップとボールを用意しましょう。

なんでもいいですが、私は紙コップとピン球をよく使います。

 
壁にボールを投げそれを紙コップでキャッチします。

ノーバウンドでもワンバウンドでもいいですが、ワンバウンドはピン球じゃないと出来ないと思います。

あと、コップの持ち方も気をつけましょう。

下の写真のように持ってください。

写真のように持つことで、実際にボレーを打つ時の腕の使い方と同じようにするためです。

 

跳ねてコップから出ないようにキャッチする!

ボレーで振りすぎる人は、どんな動きをしているのか知っていますか?

ボールに向かってラケットを振ってしまっているんですよね?

この練習は、ラケットをあまり動かさないようにするための練習です。

 
この練習で、コップをボールに向かって動かすと、当然ボールは跳ねてしまい、コップから溢れてしまいます。

だから、コップに上手く収めるためには、コップをあまり動かさないことです。

持ち方がちゃんとしてれば、コップを引くことがあまり出来ません。

ということは、いかに優しくキャッチするかが重要になります。

 

よくジュニアの練習に使ったりします。

家でも出来る練習なので、是非やってみてください。

 

ボールリフティング


今度はボールつきの逆です。

ボールを地面につけないようにリフティングします。

 

自分のレベルによって難易度をあげよう!

初心者の場合は普通に同じ面でボールをリフティングしましょう。

フォアハンドかバックハンドどちらか決めて、同じ面でリフティングします。

少し慣れてきたらフォアの面とバックの面をひっくり返して交互にリフティングしましょう。

さらに慣れたらフレームでもやれると面白いです(笑)

私のフレームリフティングの記録は最高17回でした。

マグレですけどね(笑)

 

上級者でも練習になる!

ボールリフティングは難易度をあげれば十分上級者の人でも練習になります。

グリップエンドを中心に、振り子のようにラケットを動かして振り子リフティングや、他にも回転をかけてのリフティングなどもあります。

よく、リフティング練習はプロでも時間の合間にやっていたりします。

 
練習なんていうのは、やり方次第で、レベルなんて全く関係なく練習出来るんです。

練習メニューが簡単だと思ったら、自分ルールをつけたらいいんです。

家での練習でも、テニスコートでの練習でも、工夫することが大切ですよ!

 
たまにレッスンでも「今更そんなことするの?」なんて言う人がいますが、そんな人は創意工夫が足りない人です。

練習をする際にはしっかり考えて練習することを忘れずに!

 

ラケットキャッチ


上にあげたボールを、ラケットでキャッチします。

キャッチする際にバウンドしないようにラケットを下に引きます。

 
最初は自分の手で上げたボールをラケットでキャッチするようにしましょう。

慣れてきたら、キャッチしたボールを、そのままラケットで上にあげて、キャッチします。

 

ワンクッション入れるといい!

キャッチまでにワンクッション入れることで、難易度が上がります。

真っ直ぐ上から落ちてくるより、横からくる方が難しいですからね。

例えば壁に当ててからキャッチしたり、2人でキャッチボールしたりと、難易度を上げてみましょう。

 
キャッチの方法もラケットを引いてキャッチするより”Jキャッチ”を覚えるとよりラケットワークがよくなるでしょう。

ラケットをあまり引かずに、ラケットの面でボールの勢いを消してキャッチする方法です。

上手くいくと、ローマ字の「J」を横にしたような動きになります。

是非チャレンジしてみてください。

 

まとめ

  • 壁タッチ
  • ボールつき
  • コップでボールキャッチ
  • ボールリフティング
  • ボールキャッチ

以上になります。

家での練習は、一見地味なものばかりですが、実はかなり効果があるものもあります。

 
でも、家での練習で一番気をつけて欲しいのは、感覚を覚えておくことです。

家での感覚をテニスコートでも同じようにやれないと、練習した意味がありませんからね。

 
家での練習は基本的には1人でやることが多いと思います。

もし、家族がいたとしても、テニスコートにはその家族はいません。

ということは、家での練習を知っているのは自分だけなんです。

だから、自分でしっかり覚えて、いつでも同じ感覚でやれるようにすることが大切です。

頑張ってライバルと差をつけましょう!

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です