試合で焦るなら知ろう!基本ボレー3種類を打つ時の心構え!

ボレーって距離が近いし「決めなきゃ!」と思うと、

つい力んだり、振り回してしまう!

そんな方は心構えを覚えてみてはどうでしょう?

 

いくら構えたところで、

何をするか全くわからない!

なんにも決めてない!

そんな状態だと迷いが出てきます。

 

ボレーは大まかに分けて3種類あります。

この3種類それぞれ何をするかをしっかり覚えて、

「これをするぞ!!」という気構えがあると、

そんなに焦らずに動けるのではないでしょうか?

 

3種類のボレーとは?

簡単に3種類のボレーを紹介していきます。

定義は人それぞれ違う可能性があるので、

参考程度にみてください!

 

ローボレー

ネットよりも低めの打点で打つボレー。

 

ミドルボレー

ネットの高さから頭の高さまでの打点で打つボレー。

 

ハイボレー

頭より高い打点で打つボレー。

 

それぞれの役割を知ろう!

02

この3種類には、それぞれ役割があります。

そこを知ることでどんなボールを打つかを、

決めることができます。

 

ローボレー

足元に打たれているということは、攻撃されています。

ミスを誘われていると思ってください!

ということは、

防御になります。

とにかくこの一球をミスしないように、

面を上向けたり、下がったりと、

どこにどんなボールを打ってもいいので、

返すということを心がけましょう!

 

ハイボレー

これは分かりますよね?

攻撃です!

なので、ミスを恐れず攻めましょう!

 

攻めると言っても、

ただ速いボールを打つだけじゃありません!

コースをワイドにキツく狙ったり、

取りにくい足元を打ってミスさせたり、色んな攻撃ができます。

 

自分のテニスにあった攻撃方法を見つけて、

1つに絞って「これをする!」と決めてください!

 

ミドルボレー

このミドルボレーは、

何をしたらいいかわからない方が多いと思います。

別に防御するほど難しくもないし、

攻撃するほど浮いてるわけでもない、

でも、上手くなったら、このミドルボレーは攻めていくことができますし、

ボディに来ると防御しないといけなかったり・・・と

いわば中途半端なボールです。

 

あくまで私個人の意見ですが、

様子見またはつなぎ

だと思います。

 

まずは一本返して相手の出方を見る!

といった感じです。

 

一番やってはいけないのはミスだ!

というのは皆さんわかっていると思います。

なので、無理をせず、でも相手にチャンスを与えないように、

前衛に取られるのを避けながら、相手が何をしてくるか見てみましょう!

 

構えは気持ちから!

03

どれだけ構えていても、気持ちがついていっていない事が、

とてもたくさんあります。

 

例えばダブルスの前衛をしてて、

構えているけど、ボールが飛んできた瞬間に、

「うわっ」なんて叫ぶ人。

 

こういう人は、実は来ると思って構えてないケースが多いんです。

要するに気持ちが全くなかったんです。

 

これではいくらいい構えをしても、

全く意味がありません。

 

焦ったり、びっくりしたら、

まず、心構えができていたか確認しましょう!

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です