ストロークのタイミングが合わない!簡単に改善できる方法!

テニスは色んな球種があります。

球種は回転、高さ、スピードと、3つの要素から成り立つと思います。

 

回転でオーソドックスなのは、無回転のフラット、順回転のトップスピン、逆回転のスライスがあります。

それに速度やボールの高さをプラスすると、かなりの種類になります。

 

これにより上手くタイミングが合わない!

なんて人は多いのではないでしょうか?

 

相手はワザとタイミングを外している!

tennis_b26

ワザとタイミングを外すために、ボールの速度を変えたり、変な回転をかけたりして、相手のミスを誘うのもテニスの技術ですからね(笑)

こういうボールはいずれは打てないといけません。

 

それに、中級のレッスンでちょこちょこ聞きますが、「ゆっくりのボールがタイミング合わない!」

これはタイミング合わせられないとマズイでしょう?

 

ゆっくりのボールって初級の人が打つボールです。

そのボールのタイミング合わないってことは、

初級の人のボールが打てないってことになります。

ある意味「自分は下手になりました」というアピールじゃないですか!

身に覚えがある方はこの先を読んで、恥ずかしい自分を変えられるように覚えておきましょう!

 

タイミングの合わせ方

よく合わせてって言われますが、漠然としすぎてて難しく感じます。

 

タイミングの合わせるポイントは2つ!

  • ボールがバウンドした時。
  • ラケットにボールが当たる時。

この2つのタイミングを合わせましょう!

 

ボールがついたら「1」。

ラケットに当たったら「2」。

という感じに最初は声に出していうことをオススメします。

声を出すと合ってるかどうかわかりやすいからです。

 

体感したことないボールは無理です。

早いボールや、回転がものすごくかかっているボールなど、

一度も受けたことがない・見たことがないボールは、いつもと違うので、タイミングを合わせようがありません。

その場合は何回も見て、ある程度覚える必要があります。

 

簡単に言うと200キロのサーブを初めて受ける人に、「タイミング合わせて!」

なんて言ってもやってる方からすると「そんなもんわかっとるわ!!」って感じでしょう(笑)

 

でも、何回か受けたら、ちょっとずつタイミングは合ってきますよね?

 

少しは経験が必要というのを知っておいてください。

 

あくまでタイミングが合うだけ!

先ほどの例で、200キロサーブの話をしましたが、タイミングは合っても、ラケットにボールが当たるかどうかは別です!

 

これ勘違いしている方が多いんですが、基本的にはタイミングが合うと、しっかり当たるようになる。

なんてことは全くありませんよ(笑)

 

そのタイミングでボールの場所にラケットを持っていくことができるんだったら、当たるということです。

 

簡単にいうと、野球のバッティングセンターなんかで、バットを振るタイミングは合っている方は多いと思います。

でも、肝心のバットがボールのある場所に動かせないと、いくらタイミングがあっても当たらないので、全く意味がありません。

 

テニスでも同じことが言えます。

 

ということは・・・

f_federer_12_03

ボールをちゃんと見ることも忘れないでください。

ということです!

タイミングが合ってても、打つ時にボールから目が離れたら、ちゃんと当たりませんので、結局はミスしてしまいます。

 

ボールを見るということもセットで、参考にして練習してみてください!

 

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です