深いボール・速いボールはパンチショットを使おう!

レベルが上がるにつれ、打つボールが難しくなっていきます。

 

特に多くなるのは、深いボールと速いボールです。

今回はこの2つのボールの対応方法を、少し話したいと思います。

 

タイミングを合わせるのが一番

9

一番いい対応は、ただタイミングを合わせていつも通り振る

これが一番理想的です。

 

速いボールは、早く振り始めて対応。

深いボールは、ライジングで対応。

 

これだとスイングはいつも通りなので、ボールのコントロールもしやすいです。

これが一番いい対応だと思います。

 

でも初心者の方や、まだ実力がない方には、この方法はめちゃくちゃ難しいです。

 

振り切れないなら止めよう!

 

出来ない方の大半は、振れないのに振ろうとするんです。

 

振り切れれば問題ないと思いますが、振り切れないのに頑張っちゃうので、ボールのコントロールができません。

 

じゃあどうするのかというと、振り切れないなら、止めちゃえばいいんです!

 

この方法、ゴルフにもあるのご存知ですか?

ゴルフでは「パンチショット」と言いますので、そのまま使わせて頂きます(笑)

「え?スイングを止めていいの?」と思う方。

 

いいですが、ちゃんとやり方が覚えましょうね!

でないと、ただ弱いショットになってしまいます。

 

パンチショットの打ち方

0

簡単に言うと、ボレーのテイクバックが、大きいバージョンだと思ってください。

 

テイクバックはいつも通りとって、振り出してラケットにボールが当たったらスイングを止めます。

 

わかりましたか?(笑)

文字で書くとわかりにくい方のために、ジョコビッチ選手の見本を見てみましょう。

33秒くらいを見てください!

わかりましたか?

しっかりラケットを止めてますよね?

パンチショットはプロでも使うんです!

 

あくまで応用技です!

基本はしっかりラケットを振ってください?

あくまで難しいボールの対応として使ってくださいね!

 

パンチショットは、振り切ったボールより、威力も回転も落ちてしまいます。

簡単に言うと防御の技ですので、攻撃に組み込むのには、厳しいコースを狙う必要がありますので、かなり難易度が高いので、上級者向けです。

 

初心者からプロまで使える技なので、是非、覚えて使ってみてください!

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です