テニスの試合でロブがバンバン成功する!コツはイメージすること!

ロブに悩む人って多いです。

大事な試合になればなるほど、度胸試しみたいになって、うまく打てない人って多いんです。

結果的に、相手のチャンスボールになっていまい、相手が勢いに乗ってしまうことってよくあります。

 
確かにテニスのロブは実際に打つとなると難しいものです。

見てるだけなら”ただ高めのボールで前衛を抜くボール”なんですけどね。

 
でも、いざ自分が打つとなれば話が変わります。

低すぎてスマッシュを打たれないか?

高すぎて逆に攻められないか?

強すぎてアウトにならないか?

普通に打てばいいんじゃないか?

色んな失敗が頭をよぎり、いざ打つタイミングになってくると、打てなかったり、変に力が入ってミスになります。

 

今回はあるイメージをするだけで意外とうまくいってしまうんです。

そんな秘伝の技のようなコツをご紹介したいと思います。

 

ロブを打つ時の絶対条件を決めよう!

なんでも練習する際には、最低でもクリアする事を決めて練習しましょう。

ロブで絶対的にやらなくてはならないのは「高さ」です。

 

ロブと通常のショットとの違いは高さですから、最低限「高さ」は絶対必要だと思って下さい。

 

マンションをイメージしよう!

ロブが成功するイメージとは「マンション」です!

 

マンションは見たことありますよね?

あの人が住むあれです(笑)

見たことない人は10分くらい家の周りを歩いたら見れるので探してください。

 

まずはマンションをネットのところに想像してください。

ちょうど下図のような感じです。

そのマンションの3階に人が居るのをイメージして、その人にボールをパスします。

パスをしますから優しいボールで、しかも3階にいるので結構高めです。

 

こうすることで、意外とロブが成功するんです。

 

テニスにイメージは重要!

プロの試合を見た後、なんか自分も上手にできるイメージが沸いたことありませんか?

実はテニスのイメージトレーニングはプロでもやっているんです。

テニスの世界だけじゃなく、武術の世界でもよくやります。

 
体を動かす事すべてにイメージトレーニングは効果があります。

後はどれくらい濃密にイメージできるかです!

 

さぁ!

あなたも明日からロブの達人を目指して、レッツマンションパス!!

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です