家でも出来る練習法! 〜 ストローク編 〜

前回、家でも出来る練習法のサーブ編をご紹介しました。

まだの方はこちらからどうぞ!

ダブルフォルトを解消!家でもできるテニスサーブの練習法5選!

2017年9月18日

意外と他の練習も教えて欲しい!という声があったので、今回はストローク編をご紹介していきたいと思います。

 

タオルで素振り

1

サーブ編でもおなじみタオルで素振りです。

片方だけ結んで、結んでない方を持ってスイングするんです。

これなら万が一、人に当たっても怪我はしません(たぶん)。

 

少し長めのタオルでやると、遠心力を使ったスイングを覚えやすいですよ!

 

卓球セットで練習

2

卓球のラケットとピン球を使って打って見るのも、かなりいい練習になります。

主に、回転系の練習をするときは、スイングも大切ですが、回転をかける感覚も大切なんです。

なので、よく生徒にも、卓球とかいいですよ!って話をします。

卓球セットなんかダイソーで売っていますから、お金もほとんどかかりません。

ネットなんかも、適当に本でも立てかけてやれば十分です。

 

これなら楽しみながら練習も出来るのでちょうどいいんです。

 

菜箸で打つ

1

これは実は私がやっていた練習なんです(笑)

ボールはいらない紙をぐちゃぐちゃにまとめて丸くしたもので、それを菜箸で打つという練習です。

というかほぼ遊びですね!

 

やっていた時は結構本気で練習と思ってやっていました。

今思うと貧乏臭い練習してたな〜と思います。

 

これは野球少年時代からやっていた練習で、スイートスポットでヒットさせるための練習です。

意外と役に立つんですよ(笑)

 

ストロークは+aを練習しましょう!

1

ストロークはコートでの練習でも、打つ回数が多いんです。

だから、スイングの練習よりも、回転を意識したり、ヒットさせる練習を意識したりするといいと思います。

 

スイング練習もいいんですが、ただ振っているだけでは、実際にボールが飛んできた時に崩れてしまいます。

実は多いのが、素振りは綺麗だけど、ボールがあるとできない人です。

 

それを克服するには、ボールがある練習を行うことが大切なんです。

なので、家での練習で克服するのは難しいと思います。

 

だから家での練習は+aを練習していきましょう!

 

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です