今更聞けない!グリップの持ち方と名前!

テニスで最初に教わるのはグリップです。

 

基本的にはなんでも打ち返せます(笑)

プロの股抜きなんか見てもらったらわかりますが、

上手くなればどんな持ち方でも返せます。

 

でも、その中でも理にかなった持ち方があります。

それらをしっかり理解して、自分なりのグリップを探してください!

 

コンチネンタルグリップ

コンチネンタル

包丁を持つ感覚と同じように持ちます。

ラケットの面が上に向きやすく、

低い打点や、スライスが打ちやすいです。

 

サーブとボレーの基本グリップになります。

 

イースタングリップ

イースタン

手のひらの向きとラケットの面の向きが同じです。

面が扱いやすいので初心者のストローク向けのグリップです。

 

握手するように持つことから、

「シェイクハンドグリップ」とも呼ばれています。

 

セミウエスタングリップ

セミウエスタン

今現在のストロークで、プロの中でも主流とされている持ち方。

回転がかけやすく、思い切って振り切れるので、

扱いやすいとされています。

 

ウエスタングリップ

ウエスタン

ストロークで最も回転をかけやすいグリップ。

でも、ラケットの面が下に向きやすく、

かなり上に振らないとボールが持ち上がらない上に、

下から上に振りすぎると、今度はボールが前に飛ばないので、

扱いが難しいグリップ。

 

高い打点が打ちやすいです。

 

厚い&薄い

厚い薄い

面が上に向けば向くほど「薄い」持ち方。

下に向けば向くほど「厚い」持ち方です。

 

今自分はどっちかわかりますか?

このグリップを知ることで、

自分の理想の打点・フォームが見つかります。

 

自分のテニスやフォームに迷ったときは、

まず、グリップをしっかり確認して、

そこからより良い打点・フォームを導き出しましょう!

 

その他にもテニス用語やルールをご紹介しています。
よかったら参考にしてください。

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です