アプローチはゆっくり打て!アプローチの上達法!

アプローチとはストロークを打って、

そのまま前に出てネットプレーをする技です。

 

これってチャンスだから「強く打つぞ!」と、

思ってしまうんですが、これが実は落とし穴なんです!

 

アプローチの正しい知識

アプローチというのは、先ほども言いましたが、

ストロークを打った後、ネットプレーをする技ですよ?

 

一発エースを決めるようなショットじゃありません!

 

でも、プロは・・・

なんていうと「一緒にするな!」って

プロに怒られますよ?(笑)

 

プロのレベルで打つから一発で決まるのであって、

通常は、そこからのネットプレーでポイントを取ります。

 

ここを間違えてミスをしてしまうと、

流れが変わったりしてしまい、

せっかくのチャンスがピンチになってしまいます!

 

ボールの速度はゆっくり!

強打がだめなら、普通か、逆にゆっくり打てばいいんです!

 

ゆっくり打てば、その分自分も前に詰める時間が、

十分にできますし、相手との距離は縮まってるので、

よほど山なりにゆっくり打たない限りは、

体感速度はベースラインからのボールと意外と変わりません。

 

しかも、入れる自信ができるのでどんどん使うことができます。

 

でもゆっくりだけではダメ!

ただゆっくり打って詰めるだけでは、

逆に相手のチャンスになりかねません!

 

ここでさらに追加してほしい要素は、

次の3つです。

 

①深いボール

これだけで相手は攻撃しにくいですよね!

しかも、ボールが浮いてくる可能性もあるので、

十分効果があると思います。

 

②相手のバックハンドか苦手なボール

バックに打っているだけで勝てる!

そんな相手にはこれがいいでしょう!

特にデュースサイドの人は、バックが苦手な方が多いと思います。

 

ただし、前衛に取られてしまうという、

可能性もあるので、しっかりペアと相談しましょう。

 

③回転をかける

やることが難しいくせに、

あんまり効果が期待できません(笑)

短かったらチャンスになることも・・・

あくまで、①②と組み合わせて、

使っていくくらいの気持ちでいましょう!

 

まとめ

  • ボールの速度は普通かゆっくり
  • 深く打つ
  • バックハンドか苦手なとこ
  • 回転を掛ける

 

今回はこんな感じでした!

アプローチを使いこなせば、格上の相手でも戦えます!

是非覚えましょう!

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です