入るサーブを覚えたい!そんな時はボールを見よう!

サーブが苦手という方って実はたくさんいます。

苦手の原因になるのが、入る確率が悪いからです。

 

サーブを打つときは、当然みんなが注目してます。

そりゃ余所見するわけにはいきませんからね(笑)

そこで失敗したら誰でも印象に残ってしまい、

「あ〜いやだな〜」

「緊張するな〜」

なんて思っちゃいますよね。

 

なんで確率が悪いのか?

ストロークみたいに相手のボールが早かったり、回転がかかっていると、コートに入れることは難しいですよね?

でも、サーブっていうのは、

相手のレベルとか全く関係ありません!

 

相手がプロでも、自分のタイミングであげていいんです。

それなのに、なんでいつまでも入らないんだ!!

 

単純に話すと、ストロークと違って、練習する回数が少なすぎるからです。

サーブを打つ回数を数えてみてください!

レッスンに通っている方は、おそよ50球くらいですかね?

学生なんかは100球いくかな?ってくらいです。

 

ではストロークはどうでしょう?

スクールの方はフォア・バック合わせて、150球くらい打ってるんです!

学生は400球程打っているんです!

 

ということは最低でも2・3倍多く打っています。

そらストロークの方が上手くなるわ〜!って感じです。

 

でもそれだけじゃあないんです!!

もっと大切なことがあります!

 

ミスの考えが間違えている!

サーブでミスした時の考え方が間違えている方が多いんです!

「そんなことない!!」と、

気を悪くしてしまった方は、是非最後まで読んで私の考えをお聞きください。

 

考えが間違えているというより、ボールが変わらないんです。

前回ミスに対しての考え方を記事に書きました。

もう悩まない!考え方を変えるだけでミスが激減!

2015年11月6日

 

その考えで話をすると、同じミスをするということは、ミスに対しての考えが間違えているんです。

 

まずはボールがどうなったか見るべき。

実際に打ったボールがネットなのかアウトなのかを確認しないといけません。

それを、見ずに自分のスイングばっかりなんです。

「今のは内転が・・・」

「もっと振り切らないと・・・」と入れることよりも、他に練習することがあるなら、それは素晴らしいと思います。

でも、「次のセカンドサーブは入れたい!」と思っているのにスイングのことばっかりでは、いつまでたってもミスが減りません。

 

まず入れたいと思うなら、まずはどんなミスをしたのかを確認する為に、

自分の打ったボールをしっかり見てください!

 

あといっぱい打ちましょう(結局そこかいっ)

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です