左利きは本当に有利なの?左利きが有利と言われる理由!

どのスポーツでも左利きが有利と言われています。

それはテニスでも同じです。

あのナダル選手も本当は右利きだったのを、無理やり左利きに直したと言われています。

そうまでして意味があるのか?

本当に左利きは有利なのか?

今回はそんな疑問にお答えしたいと思います。

 

本当に左利きは有利なのか?

1

最初にハッキリ言っておきましょう。

かなり有利です。

 

僕も今から左利きに転向できるならしたいです(笑)

左利きだから特別に出来る事はありません。

 

左利きだから足が早いとか、回転がよくかかるとか、そんな事は一切ありません。

精神論や根性論でもなんでもありません。

 

では、なぜ有利なのでしょうか?

 

左利きのメリット

1

ただ左利きというだけで武器になってしまうんですが、メリットについてお話ししたいと思います。

 

対戦回数が少ないので、慣れない

最初に頭に入れて欲しいのはこれです。

基本的に相手のバックを狙うのは定石だと言われます。

なので、無意識に狙う人も多いんですが、左利きは逆なんです。

 

これがまた鬱陶しいんです(笑)

僕もダブルスで苦しい時はロブをあげます。

その時はバック側にあげるように意識します。

 

スマッシュさえ回避すれば取れる可能性がグッと上がるからです。

でも、左利きだと逆にあげないといけないのに、いつも通りやっちゃうこと多いんです。

 

左利きは日本人口の11%と言われています。

そりゃ慣れるわけありませんよね!

 

左利きを見つけてずっと練習すれば話はべつですがね

 

サーブの回転が逆

まず、わかりやすいのがサーブです。

スライスサーブや、キックサーブの回転が逆なので、取りづらいんです。

 

フォームでなんとなく球種は判断できます。

でも、その判断力が仇になってしまうんです。

 

判断するのは右利きの動きだからです。

だからっていきなり左利きだと思って動いても、中々動けません。

フォアかバックか迷った時なんかは最悪ですね(笑)

 

左利きだからってデメリットがないこと

僕が思うにズルいのはこれです。

かなり回転を掛ける人は確かにボールが安定しやすくなりますが、低い打点で打たせると回転数が低くなったりします。

片手バックハンドの人はリーチは長いけど、高い打点のボールは力が入りにくかったりと、一長一短が普通なんです。

でも、左利きという武器は、デメリットがないんです。

 

左利きだからってバックが特別打ちにくわけではありません。

左利きだからってスライスが打ち返しにくいわけではありません。

 

これはズルいでしょう?

 

左利き相手にも左利きは有利

1

これ意外と意識されていないんですが、当たり前なことなんです。

そもそも左利きが日本人口の11%しかないんですから、左利きの人も左利きの人と当たることは少ないんです。

 

左利きだからって左利き相手に強いとか全くありません。

結局左利きであろうが右利きであろうが関係なく、左利きの人は有利なんです。

これもズルいですよね〜(笑)

かなり嫉妬してしまいます。

 

慣れあるのみ!

1

左利き対策としては、慣れあるのみだと思います。

冷静に考えれば大丈夫なんですが、今までと違うことをするということに対して、自分がどれだけ対応できるかだと思います。

ということは結局慣れなくてはいけません。

 

でも、苦手意識を持つ必要はありません!

同じ人間である以上は特別なことはないんです。

 

ただ、全てが逆なだけです。

 

左利きと当たった時は、冷静になって試合に挑みましょう!

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です