【ウィンブルドン2017】錦織選手の二回戦は辛勝!

一回戦は大会最速で勝利を掴み取った錦織選手。

二回戦も勢いに乗って勝利できるのでしょうか?

 

対戦相手は・・・

スタホフスキー選手です。

世界ランク122位のウクライナの選手で身長193センチの体から繰り出されるサーブが強力です。

スタホフスキーは13年のウィンブルドンで最多7度制覇のフェデラー選手を破った強敵。

実は錦織選手はスタホフスキー選手が苦手なのか、過去2戦2敗しているんです。

 

試合結果

セットカウントは3−1としっかり勝っていますが、試合の内容はかなり厳しく、タイブレークが2セットありました。

特に最後のセットのタイブレークは8-6とかなり競った試合になりました。

一回戦が最速の試合だったのに対し、今回の試合は3時間15分となりました。

今回の試合は比較的にドロップショットとダブルフォルトが多かった気がします。

 
ここ一番でしっかり勝つことができるのもやはり世界トップ10にはいる選手の証なのでしょう。

次の三回戦も期待しましょう!

頑張れ!!錦織選手!!

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です