【全仏テニス2017】錦織選手の準々決勝の試合内容と結果

さぁ!

ついに準々決勝まで駒を進めた錦織選手!

この試合に勝てば84年ぶりの全仏ベスト4になります。

 
しかし、今回の相手は最強な相手になります。

準々決勝の対戦相手は・・・

世界ランキング1位のマレー選手です。

イギリスの選手で身長190cm、右利きの選手になります。

ノバク・ジョコビッチが2014年7月7日付から2年4か月もの間守り続けてきたトップの座を奪い、ついに世界1位に上り詰めました。

ミスの少ないグラウンドストロークに広い守備範囲、安定したリターン、そして以前から提唱があったカウンターショットなど、ジョコビッチ選手同様、オールラウンダーな選手です。

2016年後半はそのプレースタイルにさらに安定感が増し、隙がほとんど見当たらなかった。

 

試合内容


第一セットで先にブレイクしたのは、なんと錦織選手です。

幸先のいいスタートを切る形になりました。

その後の7ゲーム目のブレイクして2回ブレイクをしたまま第一セットは6−2で錦織選手が取りました!

最高のスタートです。

 
第二セット、このセットを錦織選手が取れば大きくリードを取ることになります。

最初はキープから始まりましたが、錦織選手がスマッシュをアウトしてしまいました。

ここから流れが変わったのか、最初のサービスキープのみで、あと全部マレー選手に取られる形になってしまい、ゲームカウント1−6で第二セットはマレーに取られました。

 
第三セット、先ほどの第二セットの流れが残っているのか、最初にブレイクしたのはマレー選手!

しかし、錦織選手も負けじをすぐにブレイクバックし、イーブンに持っていきます。

そのままキープ合戦で行くかと思いきや、またもマレー選手がブレイクをし、ゲームカウント5−6のピンチに!

すると、またもや錦織選手がブレイクバックし6−6のタイブレーク突入です。

タイブレークは残念ながら一方的な展開で、0−7でマレー選手が第三セットを取りました。

 
第四セット、いきなり錦織選手がブレイクしてスタートしました。

しかし、すぐさまマレー選手がブレイクバックし、リードを許しません。

次にブレイクしたのはマレー選手です。

ここで完全に流れがマレー選手に向いてしまったのか、錦織選手が1ゲームも取れずに、1−6で第四セットを取り、マレー選手の勝利です。

 

84年ぶりの全仏ベスト4ならず

セットカウント1−3でマレー選手に敗れてしまいました。

さすが世界ランキング1位です。

最初の立ち上がりが悪かったのにも関わらず、しっかり立て直してきっちりゲームを作っていった感じです。

 
でも、ベスト8も素晴らしい記録です。

錦織選手のおかげでテニスの試合がテレビで放送され、テニスブームがまた来ています。

テニス好きの僕も嬉しい限りです。

これからも錦織選手を応援していきたいと思います!

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です