【全仏テニス2017】錦織選手の4回戦の試合内容と結果

全仏テニス2017の錦織選手の4回戦の試合内容と結果を報告します。

ここまで勝ってきてついにベスト16になりました。

今回勝てばベスト8になります!

4回戦の対戦相手は・・・


対戦相手はベルダスコ選手です。

スペインの選手で身長188cmの長身で左利きプレーヤーになります。

強烈なスピンで多彩な球種を織り交ぜながら攻めてくる選手です。

攻撃のバリエーションも多く、楽々と勝てる相手ではありません。

 

試合内容

第一セットは0−6とベーグル(ダンゴ)で負けました。

さすがに連日の試合で疲れが残っているのか、最後のセットなんかは体に異変があるのか、このセットは捨てたのか、ボールが追えない錦織選手でした。

 
第二セットは6-4です。

最初のベルダスコ選手のサーブゲームをいきなりブレイクしました。

先ほどのセットとはうって変わって、しっかり拾って、このセットをものにしました。

 
第三セットは6-4。

このセットでも先に錦織選手がブレイクしました。

第9ゲームなんかではベルダスコ選手も負けじと粘ってブレイクさせないようにしていましたが、そのまま自分のサービスゲームをキープしてセットをとりました。

 
第四セットは驚くほど圧倒的な結果となりました。

いきなり錦織選手がブレイクをすると、ベルダスコ選手も焦ってしまったのか、ミスを連発し、結果6−0で第一セットの分をやり返すようにベーグルで勝利を決めました。

5回戦進出!ベスト8入り!


ついに準々決勝まで駒を進めました!!

そして次の対戦相手は現在世界ランキング1位のマレー選手です。

あのジョコビッチ選手を押しのけての世界ランキング1位ですからね!

次の試合が楽しみです!!

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です