テニスの「強い」と「上手い」はどう違うのか?どっちがいいのか?

どのスポーツでも「強い」のと「上手い」のは違うと言いますが、これはニュアンスの違いなんかではありません!

 

実際は何がどう違うのか?

どっちの方がいいのか?

 

そんなちょっとした疑問に、僕なりの考えで、お答えしたいと思います。

 

強い人と上手い人の違いとは!

ざっくり話すと、試合と練習とで違うテニスをする人が「上手い人」。

同じテニスをする人が「強い人」だと思います。

 

みんな練習通りにしてるようで、実はそうでもないんです!

 

実際レッスンであった話を例にあげたいと思います。

ある中級の方がサーブ練習で、早いサーブをバンバン打っています。

でも、10球打って3、4球しか入っていないんです。

これはファーストサーブの練習かな?と思い、セカンドサーブはいつするのかな〜と思って見てたら、サーブ練習のときには全くしませんでした(笑)

 

そのまま試合したらどうなったか、皆さんでもわかりますよね?

さっきのサーブ練習のボールでは入らないので、今度は先ほどの練習とは全然違う緩めのサーブを打ち出したんです!

ということは、この方は「上手い人」になります。

 

後で「さっきはセカンドサーブを練習しなかったんですか?」と聞くと「いや〜中々練習通りには行きませんよ!」

なんて返答が返ってきました。

おそらくこれが上手い人と強い人との差です。

 

意識や心のあり方

l10

「強い人」は実際に練習で打つ時の意識が、試合の時と変わらないんです。

 

でも、先ほど話した人は、速いサーブを打つつもりはあるのでしょうけど、入れたいと思う意識があまりないんです。

0ではないんですが、試合の時はどんな手を使ってでも!とおもっているんです。

 
例えば、入れたい意識が10だとしましょう。

練習中はおそらく2~3くらいではないでしょうか?

気持ちは同じだったとしても、実際に行動に起こす程ではないんです。

それってかなり意識低いですよね?

入れる気があんまりないとも捉えられます。

強い人はそこを必ず調整してきます。

 

どうやって意識を高くもつのか?

8

30−40のセカンドサーブだと思え!

ってよく聞きますよね(笑)

 

でも僕は「絶対無理でしょ?」と思います。

だって今そんな状況じゃないですよね?

それなのにそう思えって言われても難しすぎます!

 
「余命1ヶ月だとしたら何がしたい?」という質問と似たようなものです。

今は冷静に判断できますが、実際にそうならないとわからないです。

 
緊張というのは気持ちが大きく関わって来ます。

気持ちがない時点で、残念ながら不可能なんですよ。

 
じゃあ緊張感を持つにはどうすればいいのか?

やり方はいくつもあるでしょうが、僕がいつもレッスンでするのは、

10級球連続でサーブを入れてもらいます。

 
最初はフォームやボールの球種は何でもいいのでチャレンジしてもらいます。

慣れてきた人にはスピードを変えないように話したり、フォームを変えないように話したりします。

結構できる方には球種なんかも指定します。

 

これ慣れていない人が真剣にすると、5球目くらいから、かなり緊張感出てきます。

慣れてる僕でも8球目くらいは緊張感が出てきます。

この方法のコツは「誰かが見ていること」です。
 

この方法だと、今入れないといけない状態を強制的に作り出すので、緊張感を味わいながら楽しめたりします。

もしこれでも緊張感がない場合は、二人一組で交互に10級連続なんかにすると、自分の問題だけではなくなるので緊張感が増します。

まぁ本当に30−40のセカンドサーブだったら、もっともっと緊張しますけどね(笑)

 
さぁ!今度の練習から意識を高めて、ガンガン強くなりましょう!

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です