来年に向けて!年末の練習でやっておくといい3つのこと

今年もあとわずかです。

今年一年はいかがでしたでしょうか?

 

今年の最初の抱負はクリアできましたか?

私はクリアできました!

簡単なものですがね(笑)

 

さて、今回は年末の練習でやっておくといい、3つのことを紹介したいと思います。

このことをやっておくと、来年良いスタートが切れると思います。

是非、騙されたと思ってやってみてください!

 

1:自分のフォームをビデオに撮る

自分のフォームをしっかり残しておきましょう。

年末年始は忙しくて中々テニスをする機会がない人が多いです。

そんな人が久々にテニスをすると、うまくいかず「どうやって打っていたのか忘れた!」

なんてことを言っている人が多いんです。

 

じゃあ撮っておけば良いんです(笑)

撮っておいて、久々にするときに見てから打てば良いんです。

感覚はどうしようもないですが、実際にどう動けば良いのは映像を見ればわかります。

 

こうやって対策を立てることで良いスタートを切ることができます。

 

2:今年のテニスで自分のいい所を10個書き出す

これ意味あるの?なんて聞く人多いです。

ありありです!

 

これは1年自分がやってきた軌跡を追うことです。

人は良いことより悪いことを印象に残すことが多いです。

 

例えば、サーブ練習をしていて「サーブが全然入らない!」

そんなことをボヤいている人がいます。

 

「じゃあ試しに10球打って何球入るか確認してみましょう」

と言ってやってもらうと6、7球入っていたりします。

 

要するに、入ったボールに対してちゃんと考えずに、入らなかったボールに対してしか、ちゃんと考えていないんです。

 

だから入らないボールに対しての印象が強すぎて、入ったときの良い印象が残らないんです。

そうすると、マイナスなイメージしか残りません。

これでは来年良いスタートを切ることはできません。

 

いい所ということは、自分が頑張ってきた証拠であり、結果です。

そこをしっかり確認することが大切です。

 

雑な言い方をすると、

良いことはしっかり覚えて同じように何回も行いましょう。

悪いことは覚えなくても良いです。

文章で説明すると難しいですがこんな感じです(笑)

 

3:一緒にテニスをしているメンバーに感謝を伝えましょう

テニスというのは対人スポーツです。

基本的に相手がいないとテニスがなりたちません。

なのに、相手に対して雑な対応では、いつかは離れてしまいます。

「ただ同じクラスなだけだから・・・」

こんなこと思う人は人としてダメでしょう(笑)

他人なのに、あなたのテニスの相手をしてくれているんですよ?

しかも、お金を払っているんです。感謝しかないでしょう!

 

自分が上達するためにも相手は必要不可欠なんです。

これからも、あなたの上達を手伝ってくれる人がクラスメイトです。

 

だから、しっかり今年一年の感謝を伝えましょう。

 

というか普通言うのが常識でしょ(笑)

 

後悔はしないように!

反省はしていただいて良いと思います。

でも、後悔はしないようにしましょう。

後悔しても意味がありません。

だって時間は巻き戻せませんからね!

 

だったら、次はそうならないようにしっかり反省することが大切です。

来年も皆さんのテニスライフのお役に立てるようにサービスエースも頑張っていきたいと思います。

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です