まさに一石二鳥!デブがダイエットすればテニスが上達する!

テニスに体型は関係ない!!

そう信じたい気持ちはわかります。

でも、残念ながらそうはいきません。

 
確かに、コースを狙ったり、ボールのスピードを上げればなんとかなるでしょう。

じゃあ、同じレベルならどうなるか?

残念ながら負けるでしょう。

そう考えると、太っている人はダイエットをするだけで、テニスが上達できる可能性があります。

太っていると、なぜ弱いのか?


弱いとは言い切れませんが、太ってて問題なのは「足」です。

テニスは「アシニス」と呼ばれるくらいフットワークが重要なスポーツなんです。

その足が人より弱いということは致命的と言っても良いでしょう。

では、太っていると足にどんな影響があるのか、具体的にあげてみましょう。

長く走り続けられない

太っていればその分走る体力が必要になります。

そりゃそうですよね。

一般の人よりは脂肪が多いですからね。

ということは、人より重たいものを持って走るわけです。

 

自分より脂肪が10%少ない人は、消費体力も10%減るということです。

これはあくまで簡単な例ですが、下手するともっと酷い結果になることもあるでしょう。

そうなると、長く動き続ける体力がありません。

 
ということは、途中まで勝っていたのに、いきなりボールが安定しなくなったり、ボールに追いつけなくなるということです。

 

走る速さ

次は足の速さです。

足の速さは普通くらいには走れても、早くはありません。

むしろ普通より遅いのが当たり前でしょう。

少なくても、今まで僕がテニスコーチをしてきた中で、太っていて足の速い人を今まで一度も見たことありません。

 
走れないわけではありませんが、打点に素早く入れないということは、コースも限定されますし、自分に余裕がない分、良いボールを打つのが困難になるでしょう。

壊れやすくなる

テニスには「走って止まる」の繰り返しです。ということは瞬発力が必要なんです。

だから、体重が重ければ重いほど、その分筋肉が必要になりますし、負担も大きくなっていきます。

そうすると、肉離れや、靭帯、アキレス腱などへのダメージも積み重なっていきます。

一番多いのは膝にある十字靭帯と呼ばれる靭帯が壊れることでしょう。

 
怪我をすると、テニスどころではありませんからね(笑)

むしろ、テニスを1年くらいやめないといけなくなることもあるでしょう。

足に負担を過剰にかけてしまうような体重は楽しいテニスライフをも奪ってしまう可能性もあります。

テニスはダイエットになるのでは?


ダイエットになりますよ!

ただ、それは負荷をどんどんかけないと、体が慣れてくるとダイエットにはなりません。

 
今までテニスをしたことなかった初心者の人が、テニスを始めると、ちょっと動いてもダイエットになるでしょう。

でも、テニスを続けてきて、今の現状よりもダイエットしたいなら、もっと動かないと無理です。

現状維持で止まると思います。

 
ということは、もしテニスをすでにやっている人が、ダイエットをしようと思ったら、方法は3つです。

  1. 1回1回のテニスをいつも以上に走り回ったりする。
  2. テニスをする回数を増やす。
  3. 他に別でトレーニングする。

この3つになります。

一番手っ取り早いのは間違いなく”他に別でトレーニングする”でしょう。

理由は家でも簡単にできるからです(笑)
 

”1回1回のテニスをいつも以上に走り回ったりする。”はスクールだと限度があります。

走らないメニューの時にはできませんし、テニスをした時のみになります。

 
”テニスをする回数を増やす。”はお金の問題や、コートの問題、日程の問題、練習相手の問題と一番行動に移しにくいと思います。

ダイエットは一石二鳥!


「テニスがもっと上達したい!」

そう思っている人がダイエットするのは、まさに一石二鳥なんです!

 
ちゃんとダイエットして痩せれば足は早くなるし、日々の日常も健康でいられます。

さらには、モテる可能性も・・・(笑)

ただし、ちゃんとしたダイエットをすることです。

 
よく、ダイエットといえば、無理な食事制限が真っ先にあげられます。

これは一番やってはダメです!

テニスに必要なエネルギーが十分に補充できないからです。

「じゃあどうすればいいの?」という人には、私も実践したダイエット教材をご紹介します!

絶対に効果が出るダイエット教材のご紹介


絶対に結果が出る!

そう言われると怪しむ人って多いです。

でも、今から紹介する「Boxer Method」(ボクサーメソッド)は本物です。

実際に私が1ヶ月で約5キロ減りました。

始めた時は73.4キロあった体重が68.6キロまで落ちました。

 
なにより一番嬉しいのは、誤魔化しの体重減量じゃなく、体脂肪をしっかり落としてくれたことです。

恥ずかしながら、僕はテニスコーチをしているくせに、体脂肪が24%もありました。

その体脂肪が18%まで落とすことができました。

 

なんでオススメなのか?

減量のプロであるボクサーだから!

第一に言いたいのが教えてくれるのが、ボクサーが教えてくれているからです。

しかも、今でも現役の国体選手です。

 
ボクサーにとって減量は死活問題です。

だから、彼らが教えてくれる方法は絶対に結果が出ます。

全然キツくない!

ボクサーの減量ってキツイイメージですよね?

でも、この教材は全然キツくありません。

この意見は人それぞれだと思いますが、腰痛持ちの僕でも全然できます。

返金してくれる!

これが一番大きいと思いおます。

ダメなら返金してくれるんです。

それだけじゃなく、レポートを送っても返金してくれるんです。

 
要するに、失敗しても、成功しても返金してくれるんです。

何度でも見返せる!

レッスンは一度行くと、それまでです。

あとでレポートをもらえたり、ビデオをくれたりしないので、忘れたらそれまでです。

自分でメモを取っていたらいいでしょうけど、帰ってから書くと、細かい内容は思い出せないことが多いんです。

 
でも、教材だと、何度でも、全く同じ内容を聞いたり見たりできます。

一度止めて太ってしまい「もう一回ダイエットしたいな〜」なんて思ったらすぐできるんです!

これが教材のいいところですね!

 

デブを嘆く暇などない!

テニスでも私生活でも「私って太っているから・・・」など嘆いている時間などありません!

嘆いていても何も変わらないからです(笑)

むしろ、周りからは「じゃあ努力しろよ!」って突っ込まれるだけです。

 
だから行動するしかないんです!

ダイエットを実行するしかないんですよ。

 
もし、あなたがダイエットをして、テニスも日常生活もよりエンジョイしたいと思っているなら、下記のボタンを押してみてください。

それが最初に行動する一歩になりますよ!

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です