現状維持は劣化?気付かないうちに下手になっていく老化現象!

生徒からよく聞く話なんですが、

「調子どうですか?上達しましたか?」

「いや〜現状維持ですわ〜」

その現状維持って実は下手になっているのに気づいてますか?

 

現状維持ということは・・・

1

技術は何も変わらず、そのままのこと。ですよね?

「そうだよ?上手くなってないし、下手にもなってないよ?」

いや、1つ重要な事を忘れてませんか?

 

それは老化です。

 

これ意外と皆さん意識されない人が多いんですが、

プロでも老化で現役引退ってあるんですよ?

プロみたいな毎日テニスのためにトレーニングしている人たちで、老化があるのに、皆さんにないわけないでしょ?

 

しかも、プロみたいにトレーニングをしていないんですから、かなり響くと思います。

「僕たちみたいなレベルは関係ないよ〜」

なんて言っている人はズレすぎです。

 

老化にレベルなんか関係ない!

1

老化というのは肉体・細胞の劣化です。

なので、上手くなりたいとか、楽しみでやっているとか、精神的なものは関係ないですよ?

問題は今、あなたの細胞が朽ち果てて行っているということです。

それは、肉体が強靭であっても関係なく襲いかかってきます。

 

プロのように、その老化に逆らうように筋トレする人もいるでしょう。

それによって、肉体が元気でいる時間を長く保つ事は出来ますが、残念ながら老化に打ち勝つ事は絶対にできません。

楽しみでやっているテニスも、いつしか足がほとんど動かなくなり、動体視力が落ち、ボールがコートに返らなくなり、いずれはできなくなります。

 

しかも、技術がない人ほど身体が壊れやすい打ち方をしています。

そのままテニスをしていたら、テニスだけじゃなく私生活でも問題が起こるような怪我をします。

 

こんなことコーチが言うべきではありません。

でも、現実は知っておいて欲しいんです。

スポーツほど残酷なものはないのですか。

 

長くテニスを楽しむなら上達は必須!

1

テニスは高齢でも楽しめます。

これは僕は半分だと思います。

本当に末長く楽しめるのは努力して上達した人だけです。

 

確かに高齢になってもボールを打つ事はできるでしょう。

でも、動けなくなってくるので、ラリーやゲームは難しくなっていきます。

その時に自分にどれだけの技術があるかが大切です。

 

もし、全然技術がないのであれば、テニスは難しくなってしまいます。

いくらコーチでもいるところにピンポイントで、しかも打ちやすい打点にボールを打つのは至難の技です。

しかも、そこにボールがいったとしても、返せるかどうかわかりませんよね?

そうなると、結局は「上達をしないとできない」ということになってきます。

 

対人スポーツという事を忘れないで欲しい

あと注意して欲しいのは、テニスというのは対人スポーツということです。

要するに、2人からできるスポーツなんです。

 

自分が打って終わりじゃなくて相手もいます。

なので、自分だけ好き勝手打って楽しむというのが無理なんです。

そりゃ相手だってテニスを楽しみたいですからね。

 

それなのに相手の場所に打てなかったり、そもそもコートにすら入らなかったら、面白くないですよね?

そういう意味でもテニスを楽しむのに上達は必須条件なんです。

 

どれくらいできたら楽しめるのか?

人によりますが、ラリーが10往復できたら楽しいのではないでしょうか?

ゲームはルールがわかれば誰でもできますし、テニスが下手でも楽しいのは楽しいかもしれません。

なので、あえて打ち合いを楽しむというテニスの醍醐味で話を合わせます。

 

身につけて欲しい技術とは?

1

ボールをコートに返す技術です。

 

ボールの速度なんてゆっくりいいと思います。

別に相手が速く打とうが、結局は最後までコートに返したほうの勝ちなんですから。

 

ただ、相手のコートにボールを返す事ができるのか?

それができればテニスは楽しめると思います。

 

本当の現状維持

1

現状維持の怖さを知っていただきましたか?

肉体はどうやっても右肩下がりなので、技術を右肩上がりにする。

これで本当の現状維持になるとおもいます。

 

私ももう30代になって初めての老化を体験しました。

気がついたら足が遅い、動きが鈍い。

ショックですし、悲しいことです。

 

でも、人間であるうちは絶対に訪れることなんで、老化をしっかり受け止めて、反抗していきます(笑)

筋トレして技術を磨いていきたいと思いますよ!

 

みなさんも80歳までは筋肉はつきます!CMでも言ってました!

なので一緒に頑張りましょう!!

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です