【テニスルール】打ったサーブが味方に当たった場合はどうなるの?

今回はある質問をされたので、それに答えたいと思います。

質問してくださったのは、T.Sさんです。

ご本人には質問の内容などを記事に乗せてもいいという了解は得ていますが、名前だけはイニシャルでということです。

昨日、先輩とダブルスで対戦をしていて、相方は同級生の友達でした。

そして、自分のサーブの時に味方の前衛に当ててしまいました。

その時、先輩が「こっちのポイントや!」と言いました。

友達は「打ち直しですよ!」って涙ぐんで言ってました。

 
これはどっちが正解なんでしょうか?

という質問をいただいきました。

 
可愛い失敗ですね(笑)

当てられたお友達には災難でしょうけどね。

とりあえず答えはどっちも間違いです。

 

サーブが味方に当たった場合


これはフォルトになります。

だから、ファーストサービの場合はセカンドサーブ進みます。

セカンドサーブだった場合は、ダブルフォルトで相手のポイントになります。

 
よくアニメとかCMでサーブを味方の前衛に当てる場面を見ますが、結局ゲームの進行がどうなるのかを知らない人て多いのかもしれませんね。

当てられた味方の人にとっては、まさに「泣きっ面に蜂」です。

 
笑ってしまう場面かもしれませんが、グッとこらえて、当ててしまった人に必ず謝りましょう。

どう考えても10:0で当てた人が悪いです。

サーブが相手の前衛に当たった場合


この場合は2種類のケースがあります。

  1. ダイレクトに当たった場合
  2. バウンドしてから当たった場合

味方に当たった場合はどちらのケースもフォルトになります。

 
でも、相手に当たる場合は変わります。

ダイレクトに当たった場合

サーブ側のポイントになります。

「じゃあワザと当てればいいんじゃ?」

なんて最低な考え持たないでくださいね(笑)

マナーというか人間性の問題ですけどね。

 

バウンドしてから当たった場合

これはもうわかるでしょう。

フォルトになります。

 
まあこれは単にサービスエリアに入っていないので、フォルトと簡単にわかると思います。

ちょっとした例外もある


まだまだ皆さんが知らないような細かいルールはたくさんあります。

今回のレットの関係での細かいルールを1つご紹介しておきましょう。

意外とテニス仲間の半分は知らないかもしれませんよ!

 

サーブを打って、ネットに当たり、レシーバーもしくはレシーバー側の前衛がノーバウンドでボールに触った場合です。

先ほどダイレクト当たった場合は相手のポイントになると話しました。

でも、一度ネットに当たってから、ダイレクトに触ると”レット”になるんです。

 
おそらく、ネットインになってしまうと、避けられないということで、失点にならず、レットになったのではないでしょうか。

レットについて詳しく知りたい人は下記の記事をご覧ください。

【テニス用語】知らないと恥ずかしい!ネットインの正式名称とは?

2017年9月19日

あまり知られていない細かいルールがある!

他にも様々な細かいルールがあります。

サービスエースでも、色んな情報を皆さんにお伝えしていきます。

 
質問してくださったT.Sさんありがとうございます。

サービスエースでは、こんな風に質問に答えていきたいと思います。

なにか気になることがあれば、迷わずお問い合わせください!

いつでもお待ちしてますよ。

その他にもテニス用語やルールをご紹介しています。
よかったら参考にしてください。

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です