【テニス用語】オンラインとダウンザラインの違いとは?

テニスはライン上までコートに入った事になります。

おそらくテニスをやっている人や、やっていなくてもこれくらいなら知っていると思います。

でも、プロの試合を見ていると、ライン上にバウンドしたボールを「オンライン」と「ダウンザライン」の2種類で呼んでいます。

 

これって同じ事のようで実はちゃんと使い分けられているんです。

 

オンラインとダウンザラインの違い

実際にテニスする人は

「そんな違いなんてどうでもいいよ!」

なんて言ってられませんよ!

 

ちゃんと知っておかないと、赤っ恥を書く事になります。

しっかり覚えておいてください!

 

オンライン

ライン上にバウンドしたボールの事を言います。

オンラインについての説明はこれだけにしておきます。

 

では次はダウンザラインの説明です。

 

ダウンザライン

簡単に言うと、サイドラインに沿って打つボールの事です。

 

シングルスコートなら、シングルスライン。

ダブルスコートなら、ダブルスラインです。

上の図でいうと、赤いラインです。

ダウンザラインはストレートと勘違いしますが、ちょっと違います。

 

ダウンザラインはラインに沿ってボールを打つので、打つプレーヤーがサイドライン付近にいる事が条件です。

 

だから中央からボールをストレートに打っても、単なるストレートになります。

少しややこしいですよね!

 

ちなみにライン付近ならライン上じゃなくてもダウンザラインになります。

ライン付近ってどれくらいかと聞かれると答え辛いですけどね(笑)

規定があるわけではありませんので、ライン上のボールだけをダウンザラインと呼んでいいと思います。

 

ダウンザライン以外は全部オンライン

簡単に説明するとこんな感じです。

 

ちゃんと覚えると全然意味が違うので気を付けましょう。

ダウンザラインのボールでも、オンラインと言っても間違いではありませんが、せっかくテニスをやっているんだから、テニス用語を使うとテンションも上がっていいと思います。

 

次テニスする時は、是非使い分けてください!

 

その他にもテニス用語やルールをご紹介しています。
よかったら参考にしてください。

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です