【テニス用語】全仏でよく聞く”エガリテ”とは?フランス語講座!

全仏の試合で審判が「エガリテ」といっているのを耳にすると思います。

全仏を見ていて初めて聞いた時には、「ん?噛んだ?」とか思いました(笑)

 

実はこれ間違いではありません。

フランス語で「デュース」という意味なんです。

初めて知った時はびっくりしました。

デュースというのはテニス用語で世界共通だと思っていました。

 

アドバンテージのフランス語

デュースが”エガリテ”になるのなら、アドバンテージはなんなのか?

そんな疑問が出てきましたね?

アドバンテージの時は”アヴァンタージュ”と言います。

avantageの後に選手名をコールします。

なぜか女子選手の時だけ「マドモワゼル」「マダム」を付けます。

 
ということはカウントも・・・なんて疑問が湧きましたね?

 

カウントも違う!

そうです。

カウントも全く違います。

聞いた感じで書いていますので、多少の違いはありますので、多めに見てください。

0・・・zero/ゼロ
15・・・quinze/キャーンズ
30・・・trente/トラント
40・・・quarante/キャラント
Game・・・jeu/ジュー

という感じになります。

カウントをコールする時は同じで、連続してコールするだけです。

15-0・・・キャラントゼロ
30-15・・・トラントキャーンズ

といった感じになります。

同点のオールなどはちょっと違います。

15-15・・・キャーンズ・ア/キャンズア・キャンザ
30-30・・・トラント・ア/トランタ・トンタ

こうなります。

もはや意味がわからないと思います(笑)

ということはセットカウントも?

なんて疑問が湧きましたね??

セットの数え方

セットはマンシュです。

1stセット・・・プルミエ・マンシュ 
2ndセット・・・ドゥージエム・マンシュ
3rdセット・・・ト(ロ)ワジエム・マンシュ
4thセット・・・キャトリエム・マンシュ
5thセット・・・サンキエム・マンシュ

全仏を日本語解説なしで聞くと、大変ですね(笑)

もし、全仏の会場でテニスを見に行く際は参考にしてください!

 

その他にもテニス用語やルールをご紹介しています。
よかったら参考にしてください。

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です