【テニス用語】解説でたまに使われる「ベーグル」の意味とは?

海外の解説でたま〜に使われる「ベーグル」とい言葉があります。

これ実はテニス用語なんですが、あなたは意味を知っていますか?

 

ベーグルって?

1

パンです。

いや、冗談ではなく本当にパンのことです。

 

真ん中に穴の開いたドーナツ状のパンのことです。

特性としては、通常パンの原料として使用されるバター(油類)、卵、牛乳を基本生地に使用していないことから、他の一般的な製法のパンと比べると脂肪分やコレステロールが低いんです。

簡単にいうと健康にいいパンって感じです。

ではベーグルとテニスの関係はなんなのでしょうか?

 

テニス用語「ベーグル」の意味


なんとなく画像をみて気づいた人も居るでしょう。

テニスの1セットのスコアが6-0という形になった時の事を「ベーグル」と呼びます。

スコアが4-0あたりになってくると「(ベーグルの)香ばしい匂いがしてきた」と表現したり、実際にベーグルになると「焼けた」「焼かれた」と表現することもあります。

 
もちろんセットスコアが0なわけですから、良い意味ではありません。

どちらかがボコボコにされているということです。

日本では「ダンゴ」

1

日本では「ベーグル」とは言わずに「ダンゴ」といます。

ダンゴの丸い形が0に似ているからでしょう。

 

よく「ダンゴで勝った〜」なんて言います。

僕もちょこちょこ使います。

とはいっても、世界的にはあまり浸透しているとは言い難い呼び方のようなので、大半はベーグルという呼び方をして、ダンゴは日本のみで使われるそうです。

でも、僕の周りはほぼ全員「ダンゴ派」です(笑)

 

言われないように頑張りましょう!

とりあえず言えることは、先ほども言いましたが、屈辱的スコアだということです。

自分から「ダンゴで勝った」っていうのはいいんですが、相手には言わせないように頑張りましょう!

1ゲームでも取ったらいいんですから!

 

その他にもテニス用語やルールをご紹介しています。
よかったら参考にしてください。

このサイトに来ていただいたあなたに神谷流の「上達するための練習の考え方マニュアル」をプレゼントします!


1
無料eBook【練習論】

「練習してるのに上達しない」
「どう練習したらいいの?」

そんな悩みを抱えている人はこちらの「練習論」を読んで見ませんか?

■内容の一部■
・練習とはなにか?
・練習内容の決め方
・実際の練習方法
・自分の理想と現実の再確認
・ミスの原因追求法
などなど、
一読していただけるだけでも、テニスの上達に直結する内容になっています。

さぁテニスを「練習論」をダウンロードして、あなたのテニスレベルを引き上げてみませんか?

 
お名前
メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です